車椅子で京都観光 バリアフリー情報満載 ばりかん!京都

観光・食事・買物・宿泊・交通など京都府下のバリア情報


 ● アイコンの見方
 ● 詳しい地図を見る


 ■ちょっと寄ってこ!
  ・下鴨神社(賀茂御祖神社)身障者用トイレあり
  ・相国寺 承天閣美術館身障者用トイレあり
 トップページ > 京都にふれる > 神社仏閣 > 臨済宗相国寺派大本山 相国寺
臨済宗相国寺派大本山 相国寺
臨済宗相国寺派大本山 相国寺
■ 基本情報
住  所京都市上京区今出川通烏丸東入
電話番号075-231-0301
拝観時間◇法堂,方丈,浴室の特別拝観
10:00〜16:00
*16:00受付終了 16:30閉門
*その他は境内散策は自由です
休観日特別拝観は春季と秋季の2回
*参拝日及び拝観除外日は相国寺ホームページでご確認ください
拝観料特別拝観
一般800円
65歳以上,中高生700円
小学生400円
身障者及び介護者1名までは手帳の提示により無料
身障者トイレあります
駐車場ありません
>>臨済宗相国寺派大本山 相国寺のホームページを見る
*
*

■ バリア情報アイコン
身障者用トイレあります
身障者用駐車場ありません
土もしくは砂利敷きです
施設内スロープもしくはフラットです
段差(10センチ以下)があります
段差(10センチを超えるもの)はありません
階段があります
エレベータもしくは昇降機はありません
24時間利用できません
介助犬同伴可能です

■ 施設情報

足利三代将軍義満が、後小松天皇の勅命をうけ、1392年に10年の歳月を費やし完成させた。
金閣・銀閣両寺を含む九十余ヵ寺を数える末寺を擁する臨済宗相国寺派の大本山である。
◎法堂
 *桃山時代の遺構で、わが国最古の法堂。
天井に描かれる「鳴き龍」は狩野光信筆。
◎方丈
 *法堂の北側にあり、東は庫裡に続いています。
◎浴室
 *蒸気浴をしながら、ひしゃくで湯を取り、身体にそそぐ掛け湯式をあわせて行う方式。

■ バリア情報

※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎駐車場
  *特別拝観期間内においてのみ、法堂と方丈の間のスペースに車を駐車させても良いことになっているそうです。開門中は常に門のところに警備の方がおられ、拝観日以外は車両通行止めされます。
駐車できるスペースは砂利になっており、少し深めの砂利です。
◎境内通路
  *境内の通路は一部を除き舗装されているので、車椅子での走行も楽です。
◎法堂へのアプローチ
  *法堂へのアプローチは段差の連続になっています。1段あたりが10cm前後の高さがあるので介護の方がいないと近寄ることは難しいでしょう。
◎方丈入口
  *入口から階段などの段差の連続です。
◎浴室
  *高い敷居があります。
◎身障者用トイレ
  *浴室の南側にトイレの建物があり、そこに障害者用トイレも設置していただいています。
 
ばりかん!とはプライバシーポリシーリンク集お問合せ掲載希望広告掲載について 
Copyright(C) Barikan-KYOTO Project All Right Reserved.
【このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】