車椅子で京都観光 バリアフリー情報満載 ばりかん!京都

観光・食事・買物・宿泊・交通など京都府下のバリア情報


 ● アイコンの見方
 ● 詳しい地図を見る

 トップページ > 京都にふれる > 神社仏閣 > 方除の大社 城南宮
方除の大社 城南宮
方除の大社 城南宮
■ 基本情報
住  所京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
電話番号075-623-0846
FAX番号075-611-0785
拝観時間境内参拝自由
神苑(楽水苑)拝観9:00〜16:00
拝観料神苑拝観500円(団体450円)
*身障者手帳提示で特別優待300円(介護者1名も)
身障者トイレあります
駐車場200台
>>方除の大社 城南宮のホームページを見る
*
*

■ バリア情報アイコン
身障者用トイレあります
身障者用駐車場ありません
土もしくは砂利敷きです
施設内スロープもしくはフラットです
段差(10センチ以下)があります
段差(10センチを超えるもの)があります
階段はありません
エレベータもしくは昇降機はありません
24時間利用できません
介助犬同伴はご遠慮ください

■ 施設情報

平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建されました。
国土守護の国常立尊、武勇に秀でた八千矛神(大国主命)、安産と育児の神様の息長帯比売命(神功皇后)をお祀りしているそうです。
熊野詣での際、道中の安全を祈り城南離宮で身を清めて出発する慣わしから、方角の災いを除く方除け、旅行の安全を信仰が高まったそうです。
◎源氏物語 花の庭
 *白河上皇が光源氏の大邸宅「六条院」の理想の姿を実現すべく城南離宮が造営されたそうです。四季折々さまざまな花が咲き、源氏物語の世界が広がります。
また、さまざまな宴も催され平安絵巻が現代によみがえります。
◎ご利益
 *方除の大社である城南宮は、建築や転宅、旅行の安全祈願、また自動車のお祓いに全国各地からお参りに来られます。
また安産の神様をお祀りしていることから、安産のお守りと岩田帯を授与しています。
◎城南宮の祭事
 ■祓神楽
 1月1日〜3日 午前9時〜午後4時
■釿始式
 1月5日 正午
■湯立神楽
 1月20日 午後2時
■城南宮七草粥の日
 2月11日 午前10時〜午後4時
■方除大祭
 4月第2日曜に至るまでの3日間(金・土・日)
■曲水の宴
 4月29日・11月3日 午後2時
■茅の輪くぐり・人形流し
 6月25日〜30日 午前9時〜午後4時
■愛車茅の輪くぐり
 7月1日〜7日 午前9時〜午後4時
■お涼み
 7月20日
■城南祭
 10月第3日曜日
■火焚祭、火焚神事
 11月20日 午後2時
◎神苑の年中行事
 ■春の神苑の花めぐり
 4月1日〜5月20日
 さくら・やまぶき・つつじ・藤・あやめ・かきつばた
■秋野の花めぐり
 9月1日〜11月30日
 はぎ・おみなえし・ふじばかま・りんどう・つわぶき
◎正五九参り
 城南宮では神様とご縁が深いお正月、五月、九月の年三回、一年の節目節目にお参りする「正五九参り」が行われてきました。

■ バリア情報

※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎駐車場
  *身障者用駐車場はありませんが、200台駐車可能な駐車場なので場所に気をつければ駐車可能です。
◎身障者用トイレ
  *斎館裏に1箇所身障者用トイレがあります。
◎段差
  *斎館前に段差がありますが、身障者用トイレ前にスロープがあり、そちらから上ることができます。
◎本殿前
  *本殿前に段差がありますが、左奥にスロープがありお参りすることができます。
◎神苑内通路
  *神苑内通路は途中から砂になります。水はけのために中央部を盛り上げて固めておられるので少し注意がひつようです。
◎神苑内段差
  *ところどころ5cm程度の段差があり注意がひつようです。
◎神苑出口
  *平安の庭からの出口は階段になっています。介護もしくは引き返すことがひつようになります。ご注意下さい。
◎城南離宮出入口
  *5cm程度の段差があり、少し傾斜もあります。
◎城南離宮側通路
  *順路通り桃山の庭を進むと途中で細くなり通れなくなるため、引き返し順路を逆に進むことになります。
◎城南離宮側ギャラリー
  *城南離宮側順路途中にギャラリーがありますが、階段があるため複数介護者がいない限り入ることはできません。
◎そば屋
  *城南宮内にそば屋さんがありますが、写真を見てもらってわかるとおり段差があります。介護者が持上げてくれるのであれば利用できます。
 
ばりかん!とはプライバシーポリシーリンク集お問合せ掲載希望広告掲載について 
Copyright(C) Barikan-KYOTO Project All Right Reserved.
【このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】